アナフィラキシーってよく聞きますけど何ですか?

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

アナフィラキシーとは日本語で「無防備状態」という意味です。ヒトなどのほ乳類で認められるもので、Ⅰ型アレルギー反応の一つです。急性、全身性で重度な反応を示します。

主にたんぱく質ですが、アレルギー反応を引き起こす物質のことをアレルゲンといいますが、これを摂取するとその人がもつ抗体と反応し細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されて短時間のうちに急激な症状を引き起こす現象のことを、アナフィラキシーと言います。

また、アナフィラキシーの激しい状態で、蕁麻疹の他に呼吸困難、下痢、血圧の低下などを示す状態のことをアナフィラキシーショックといいます。

アレルギーの症状にはどのようなものがありますか?

アレルギーを持つ人は、さまざまな症状に悩まされます。いったいどのような症状があるのでしょうか。

最も一般的なのは、蕁麻疹とそれによる痒みです。蕁麻疹は直径5mm程、赤く膨らんだような湿疹が特徴です。

Ⅰ型アレルギーで起こりやすいアナフィラキシーショックになると、血管の中を流れる水分が周辺の細胞の間に流れ込むことで血液の量が減る、さらに血管が広がって血圧が下がる症状が出ます。血圧が下がることで脈拍は上昇、また、呼吸も著しくはやくなります。

ひどい場合には、ショック状態から意識を失うという症状が出現することもあり、アナフィラキシーショックはとても恐ろしい状態なのです。

アレルギーにはどんな種類があるのですか?

今や、いろんなものにアレルギー反応を起こします。臨床検査会社で扱っているアレルギー検査の対象となるものは、食品やその他を合わせて100種類以上。ものすごい数のものが、アレルギーを引き起こすことになっています。

食品に関して、その数例を挙げてみましょう。まず、チーズや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、大豆やインゲン豆などの豆製品、ブドウやグレープフルーツなどの果物類でも、アレルギー反応は出現します。

その他には、そば粉や米、麦などの穀物類、カニやイワシなどの魚介類、肉類や卵、ブロッコリーやキャベツ、ニンジンでもアレルギーを示す方はいらっしゃるのですね。

麦でアレルギーを示す方では、ビールも飲めないとあって、人生の楽しみを奪われるといった場合もあります。

c9ebabb8fcd011b96c58f21442f9cb6a_s

Ⅰ型アレルギーではどんな症状が出現するのですか?

IgEという抗体(免疫グロブリン)が関係するアレルギー反応を、Ⅰ型アレルギーまたは即時型アレルギーといいます。蕁麻疹や花粉症、気管支喘息などがこれにあたります。その症状はどのようなものなのでしょうか。

アレルギー体質の人では、IgE抗体が肥満細胞や白血球などと結合しています。ここに抗原(アレルゲン)となるものが入ってくると肥満細胞からヒスタミンという物質が分泌されます。これが、さまざまな症状を引き起こします。

血管は広がり血圧は下がります。血液中の水分は細胞と細胞の間へ漏出することで、病的な浮腫みを引き起こします。血圧が下がることで脈拍は早くなります。

また脳への血流が悪くなることでショック状態を引き起こし、失神する場合もあります。

アレルギー反応が出たらどんなことをすればよいのですか?

アレルギー反応の中で最も恐ろしいのがアナフィラキシーショック。これがでた場合は、どのようなことをすればよいのでしょうか。 […]

続きを読む